何 のんき に パズドラ しとん ねん 殺す ぞ。 昔の茨城弁集/茨城方言大辞典/た

強烈な身体的脅迫に関するポリシー

広くはないが 瀟洒 ( さっぱり )とした心持ち好く日の 当 ( あた )る所だ。 『大丈夫』がつまって 『だいじ』になった可能性がある。 最適な人数は10人前後でしょう。

吾輩は猫である

美学者迷亭先生がかつて吾輩の主人を評して君は割り切れない男だといった事があるが、なるほどうまい事をいったものだ。 主人は無言のまま吾輩の頭を 撫 なでる。 世態人情の変遷と云うものは実に不思議なもので、迷亭君の未来記も冗談だと云えば冗談に過ぎないのだが、その辺の消息を説明したものとすれば、なかなか 味 あじわいがあるじゃないですか」 「そう云う 知己 ちきが出てくると是非未来記の続きが述べたくなるね。

12

吾輩は猫である

「へえ、そうですかなあ、あんたはこの絵エこのモデルに似てるつもりなんですか」と、皮肉な口調でいわれましたもんですさかい、こっちも 空惚 ( そらとぼ )けてやりまして、「はい、わたし絵エは 下手 ( へた )ですから、似てえへんかも分れしませんけど、でも自分では一所懸命モデルの通りに写しましたつもりです」いいますと、「いや、あんたは下手ではありません。

20

昔の茨城弁集/茨城方言大辞典/た

しばらくして泣いたら書生がまた迎に来てくれるかと考え付いた。

6

谷崎潤一郎 卍(まんじ)

左 ( さ )もなくば 切角 ( せっかく )の大国民も近き将来に於て 悉 ( ことごと )く大兄の如く胃病患者と相成る事と 窃 ( ひそ )かに心痛 罷 ( まか )りあり 候 ( そろ )……」 また大兄のごとくか、 癪 ( しゃく )に 障 ( さわ )る男だと主人が思う。 寒月君近所へ聞えないようにヴァイオリンを弾く 方 ほうを知らんですか」 「知りませんね、あるなら伺いたいもので」 「伺わなくても 露地 ろじの 白牛 びゃくぎゅうを見ればすぐ分るはずだが」と、何だか通じない事を云う。 人が来ると、教師が 厭 ( いや )だ厭だという。

15

強烈な身体的脅迫に関するポリシー

いえ病人は私ではございません。 わしについて、 楼門 ( ろうもん )の上へのぼるがよい」 と 快川 ( かいせん )は、 伊那丸 ( いなまる )の落ちたのを見とどけてから、やおら、 払子 ( ほっす )を 衣 ( ころも )の 袖 ( そで )にいだきながら、 恵林寺 ( えりんじ )の 楼門 ( ろうもん )へしずかにのぼっていった。 2度楽しそうにやったところで、鬼がやってきます。

5

童歌 わらべうた わらべ唄 わらべ歌 日本の歴史 雑学の世界

「何でもいい、飲まんのだから飲まんのだ、女なんかに何がわかるものか、黙っていろ」「どうせ女ですわ」と細君がタカジヤスターゼを主人の前へ突き付けて是非 詰腹 ( つめばら )を切らせようとする。 いつまで行っても 果 はてしがない」 「話す私も 飽 あき飽きします」 「しかしそのくらい根気があればたいていの事業は 成就 じょうじゅするよ。

10