十 四 カ条 の 平和 原則。 十四ヶ条の講和原則とは何ですか?

十四カ条/14ヵ条の原則

自由貿易、開かれた協定、民主主義、そして民族自決といった考え方は、改革派が20年間にわたって支持してきた内政計画の変形にすぎなかった。 ロシアへの投資が、ロシア革命によって回収不能になった フランスもダメージを受け、 1925年、『ロカルノ条約』によって、イギリス、フランス、ドイツなどが国連加盟を認めるまで、敗戦国の ドイツは国連に加盟を許されず、記録的なインフレで大混乱に陥った。 アメリカ学会訳編『原典 アメリカ史 第五巻 現代アメリカの形成 下』(岩波書店刊)所収、中屋健弌訳による. 第一次世界大戦を停止させるために、連合国(協商国)側の一員・アメリカのウィルソン大統領が提案したものです(ソヴィエトのレーニンの「平和についての布告」に対抗するためのもの)。

十四カ条/14ヵ条の原則

All the peoples of the world are in effect partners in this interest, and for our own part we see very clearly that unless justice is done to others it will not be done to us. 会議関係者総数1万人におよぶ史上最大規模の国際会議では、軍人ではなく政治家が主役となり、各国の議会の意向や世論、国民の動向が大きな影響を与えた点でも画期的であった。 その他の敗戦国の講和条約 対オーストリア… サン=ジェルマン条約 対ハンガリー… トリアノン条約 対ブルガリア… ヌイイ条約 対オスマン帝国… セーヴル条約 これにより、ドイツはすべての植民地を失う。 第七条、〔ベルギーの回復〕 全世界がこれに同意するであろうが、ベルギーからも撤兵し且原状回復が行われなければならない。

17

14 カ条の平和原則(1918 年)|About THE USA|アメリカンセンターJAPAN

また歓迎にとどまらず、ロシアが必要とし希望するあらゆる援助 の提供も保証するだろう。 なお、第一次世界大戦中に日本が占領した南洋諸島も戦後日本の委任統治領となった(1920)。

平和十原則

そしてダーダネルス海峡は、国際的保証の下で、すべての諸国の船舶と通商に自由 な通路として恒久的に開かれるべきである。 の精神にもなった。 連盟の最高議決機関は年次総会で、重要な議決機関として理事会があり、英・仏・イタリア・日本の4カ国が常任理事国となった。

10

特集 十四カ条の裏切り|諸岡浩太郎|note

これによって、ロシア・オーストリア領から多くの独立国が生まれた。 ヴェルサイユ条約はウィルソンの十四カ条の理念を原則としました。 このあたりで、もう一度ヨーロッパの覇権をまとめなおしてみよう。

6

2 ヴェルサイユ体制下の欧米

われわれはすでに具体的に充分に述べたので、これ以上の疑惑も疑問もないことであろう。 オーストリア=ハンガリー帝国内の民族自治• これらの列強がこれから始まる『第二次世界大戦』の主役(悪役)となっていくことになる。

5

特集 十四カ条の裏切り|諸岡浩太郎|note

他の植民地・半植民地地域では講和成立後の1921年にイギリスの支援でが独立し、1922年にはの独立が認められた程度である。 ヴェルサイユ・ワシントン体制 第一次世界大戦でヨーロッパは戦争の影響を大きく受けた。 イタリア国教の再調整• The day of conquest and aggrandizement is gone by; so is also the day of secret covenants entered into in the interest of particular governments and likely at some unlooked-for moment to upset the peace of the world. 第9条: イタリア国境の再調整• 内容 [ ] 「十四か条」の各項目は以下の通りである。

10

ヴェルサイユ・ワシントン体制

第10条: の民族自決 オーストリア=ハンガリー統治下の諸民族の自治の保障。 出典: *上記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。 しかし、パリ講和会議で民族自決の原則は、植民地を失いたくないイギリスの ロイド=ジョージ首相やフランスの クレマンソー首相により歪められて、ヨーロッパにだけ適用された。

4

十四カ条/14ヵ条の原則

The Turkish portion of the present Ottoman Empire should be assured a secure sovereignty, but the other nationalities which are now under Turkish rule should be assured an undoubted security of life and an absolutely unmolested opportunity of autonomous development, and the Dardanelles should be permanently opened as a free passage to the ships and commerce of all nations under international guarantees. われわれは、ドイツの偉大さを妬むものでは決してなく、又、この計画の中にもドイツの偉大さを傷つけるものはなにもない。 第十四条、〔の結成〕 大国たると小国たるとを問わず同様に、政治的独立と領土保全の相互的保障を行う目的のために、広く諸国家の連合組織が、特別の規約の下に形成されなければならない。

19