プリ デスティ ネーション 解説。 プリデスティネーション : 作品情報

プリディスティネーション 感想と考察 過去と未来から完全に個人を切り離す離れ業

火傷ジョンは女性「ジェーン」だった頃の自分の元に出産を経て「ジョン」へと変化した未来の自分を送り込みます。

15

【プリデスティネーション】時系列に並べて図で解説!ロバートソンの正体とは?

そこには、たび重なるタイムスリップにより精神を病み、今ではフィズル・ボマーとなったバーテンダー自身がいた。 自分以外はバカだと思って育つ。

11

プリデスティネーション : 作品情報

と同時に、いまだに考えてしまう部分がいくつかあります。 タイムパラドックスどう説明すんねん これは私が生きてる間に解決できるか分かりませんが時々考えてしまう問題です。 宇宙の始まりは?その始まりは?その始まりは?というように宇宙の始まりひいては存在の本質を考えた時、原因と結果という観点では行き着かない領域を感じます。

超映画批評「プリデスティネーション」65点(100点満点中)

フィズル・ボマーとなったバーテンダーは、バーテンダーに「俺を殺せば、お前が俺になる。

3

ファイナル・デスティネーション

名前がないので整理するために「火傷ジョン」とします。 ジョンとジェーンを引き合わせる。 巻き添えをくった友人や教師らを残して離陸した飛行機はアレックスの夢のとおり空中で爆発、アレックスはFBIからは「飛行機事故を仕掛けた首謀者」と疑われ、周囲からも気味悪がられ孤立してしまう。

15

解説・あらすじ

この二人を引き合わせたのは、顔の変わったバーテンダーの自分。 登場人物 主要な登場人物の名前は、往年のホラー映画の監督やスターたちからとったものである。

2

【プリデスティネーション】ネタバレと解説。全ては自分、タイムパラドックスが生んだ数奇な運命。

過去があった、未来があるという証明はできません。 そして自分の宿命を知ったジョンは、バーテンダーの『後継者』として仕事に邁進し功績を挙げる。

12

プリデスティネーション : 作品情報

時系列を頭の中で組み立てながら鑑賞する必要があり、人によっては一度見ただけでは物語の全体像が見えづらい場合も。

6