最新 地震 情報。 防災科学技術研究所 Hi

気象庁|地震情報について

黒のマーカーは気象庁リアルタイム震度観測点の場所です。

4

防災科学技術研究所 Hi

1 地震情報(震源・震度に関する情報) 平成28年4月16日1時40分 気象庁発表 きょう16日01時25分ころ地震がありました。 6、深さ60km、震度2 西域かつ南関 = 5月12日発表の情報 = 定例の発表 [] によれば: 現在のところ、沿いの大規模の発生の可能性が平常時と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。

13

防災科学技術研究所 Hi

0以上• 面積は日本の本州と九州を合わせたほど。 その結果、四国沖や遠州灘の沖合で、陸側のプレートが約5センチ動くなど大きなひずみが確認された。 複数のアパートが倒壊し、東海大農学部の学生3人が犠牲になった南阿蘇村では計10人が死亡した。

防災科学技術研究所 Hi

また、3階建ての建物が倒壊している様子も見られました。 その結果、16日の大地震でずれ動いたと考えられる活断層帯の北東側と南西側、それに北西側や南東側で、放射状に地震によるひずみが加わっているとみられることが分かりました。

13

気象庁|地震情報について

その結果、南海トラフ 巨大地震の 想定源域におけるプレートひずみ状態 が初 めて 明らかになりました。 過去の被害地震• 震度3以上 津波警報または注意報を発表した場合は発表しない 「津波の心配がない」または「若干の海面変動があるかもしれないが被害の心配はない」旨を付加して、やその規模(マグニチュード)を発表。 Hi-net15周年特集• データの数が増えるため、「速報値」よりも震源の位置やマグニチュードの精度は上がりますが、 処理に時間がかかり、通常は地震が発生した日の翌日に更新されます。

16

気象庁|地震情報について

新たにひずみが加わったところには、熊本県阿蘇地方や大分県、それに震源の南西側など、その後、地震活動が活発になっている領域が含まれていて、遠田教授は、大地震によってひずみが高まったことで地震活動が活発化したとしています。

18

海外の地震情報 (日付の新しい順)

2006〜15年度の10年間のデータを分析した結果、遠州灘や紀伊半島沖、四国の南方沖などに年間5センチ程度のひずみを蓄積する「強ひずみ域」があることが分かった。

12

最新の緊急地震速報(予報)

VRMLによる三次元震源分布表示• 震度5弱以上を観測した地震について、各地の震度データをもとに震度を推計し、震度4以上を観測した地域の震度を面的に表現した図を掲載しています。

最新の緊急地震速報(予報)

エクアドル 過去の地震は エクアドルは南米大陸の北西に位置し、太平洋に面しています。

2