Qd レーザ 株。 企業分析

企業分析

同社は半導体レーザの特性を決める活性層成長を担っており、特に量子ドットの結晶成長については他社にはないノウハウを有している。 ジェイテックCが いよいよ次世代EUVに進出 どちらが出世が早いのか 楽しみです。

12

6613

9 億円と予想されています。

2

6613

前期の国外販売比率は58%。

3

「QDレーザ」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のレーザ技術を用いた製品開発企業との比較や予想まで解説!|IPO株の銘柄分析&予想|ザイ・オンライン

79倍 2000円 1000円 中立 【分析コメント】化粧品・サプリメントを展開。

20

【新規上場企業分析】QD レーザのIPO・時価総額・業績・事業内容・有価証券報告書を徹底分析|スタートアップドライブ

10%分の同率抽選では、1人1単元しか申し込めないので 資金量に関係なく誰でも同じ当選確率となっているのがメリット。

15

(株)QDレーザ【6613】:掲示板

61倍 1600円 700円 中立 【分析コメント】医薬品の有効成分である原薬や健康食品、液体処理関連製品を手掛ける。 レーザデバイスの進化です。

6

企業分析

同業他社に比べPERが高い。

12

6613 (株)QDレーザの空売り残高情報

7% — 株主構成 上位10位までの主要な株主は、以下の通りです。 各事業、製品の売上高となりあす。 特に取扱銘柄数がダントツで、2020年は全93社中85社と約91%のIPO銘柄を取り扱った。

13

QDレーザ、今期最終は赤字縮小へ

レーザデバイス事業では、光通信・シリコンフォトニクスなどの用途向けにレーザ技術を用いた製品を提供。 初値は公開価格の2. また、研究機関からの基礎技術の研究開発や、メーカの新規アプリケーションの光源開発を行う開発受託業務も行っている。 また販売に関しては、一般顧客向けには販売パートナー(メガネ店、通販業者)を通じ販売し、法人顧客向けには直販を行っている。