ラジオ 文芸 館 youtube。 ラジオ文芸館

ラジオ文芸館

人生はご馳走ばかりでは窮屈で味気ない。 背伸びして合格した私立中学の中で、自分の力を思い知った中学3年生の弘晃。 ついにはもらったばかりの給金を賭け事にすべてつぎ込み、妻の蓮に詰問される始末。

14

NHK「ラジオ文芸館」でアンコール放送!

泰平の世の中だけに小市民的なトラブルも多いが、放置すれば大ごとになりかねない。 父親と母親を心配しながらも、なにも出来ずにいる自分へのいら立ちと情けなさ。

ラジオ文芸館

祥子は脩平と恋人同士になってから、なんとかカンちゃんとの距離を埋めようと努力するが、つかみどころのないカンちゃんに途方に暮れるばかり。 そして、強いと思っていた父の、自分が大人になってわかる、本当の姿。

17

NHK「ラジオ文芸館」でアンコール放送!

また、その孫から祖父も力をもらうのだった。 「父ちゃん、生きていることは楽しい?」 晩年を迎えた父に、複雑な思いを抱く43歳の息子に、母親が持ち出したカセットテープに残されたものとは…。 理由は全く聞かずに受け入れる祖父・路男。

3

ラジオ文芸館

今回の事件の主人公は、黒田藩下級武士の衣笠小八郎。

17

ラジオ文芸館

父親からは「努力が足りない」と責め立てられる毎日。 。 逃げ場がなくなった弘晃は、5年ぶりに、大阪の祖父・路男のところに家出してくる。

NHK「ラジオ文芸館」でアンコール放送!

定年退職後、今は駅蕎麦の店長をまかされている路男は、ただ、自分の日常を孫に見せる。 しかし、カンちゃんは、苦手な学習発表会の前に思うところがあるようで…。 祖父の語りかけが、孫にもう一度、人生を歩む力をよみがえらせる。

7