武漢 ウイルス 研究 所 破壊。 武漢のウイルス研究所石正麗研究員が亡命?1000もの極秘書類持参か

アメリカが武漢の研究所に資金援助していたことが発覚

またイェンリーモン博士が大学研究室で、ヒトからヒトへの感染を研究していた事実はないとも述べています。 新型コロナウイルスの発生源は 中国・ 武漢の海鮮市場で、 コウモリから人間に感染したとする論が一般的です。 こうしたなか、イタリアの著名ジャーナリストが、人民解放軍と武漢ウイルス研究所の関係に迫る調査報道をして注目されている。

武漢ウイルス研究所は米国の助成金を使った? 流出説の高まりで窮地に陥る2人の米国人

さらにダスザック氏が代表を務めるエコヘルス・アライアンスは60万ドルの連邦助成金を受け取り、これを研究資金として武漢ウイルス研究所に提供していたことが明らかになっている。 そうすることで、パンデミック発生のメカニズムを解明すると言う大義名分もありますが、その危険性は言うまでもありませんね。 「新型コロナから米国を救った」との称賛から一転して「新型コロナウイルス発生の共犯者」との疑いをかけられ始めているファウチ氏、バイデン大統領が期限を設けた90日後に米国の情報機関はどのような審判を下すのだろうか。

13

新型コロナ武漢研究所発生源説に新たな証拠か?米亡命した博士の証言とは?|ニフティニュース

バイデン大統領の政策スタッフは政権移行直後に、トランプ前政権下で非公表で行われていた新型コロナウイルスの起源に関する調査を中止させていた(5月28日付CNN)が、ここに来て方針転換を図ったのである。 ファウチ氏は「数十億ドル規模の機関(武漢ウイルス研究所)にコウモリの調査のために年間わずか12万ドルを提供したからといって、我々が(ウイルスの発生に)関与したなどと本気で言いたいのだろうか」と反論している(6月4日付フィナンシャル・タイムズ)が、共和党の議員たちは「議会で嘘の証言を行ったファウチ氏に対して証人喚問を行うべきである」と主張し始めている。 ファウチが所長を務める国立アレルギー研究所(NIAID)から武漢ウイルス研究所へ合計740万ドルの助成金が承認されていたことについては、。

オバマ政権下における武漢ウイルス研究所へ資金援助が発覚・ファウチ所長へ疑惑の目│YUUKOU's 経験値

米国立アレルギー・感染症研究所のHPより 中国・ 武漢ウイルス研究所流出説の信憑性が、ここに来て急速に高まっている。

13

新型コロナ武漢研究所発生源説に新たな証拠か?米亡命した博士の証言とは?|ニフティニュース

(真意のほどは不明) ただ、 この爆発は2月14日 コロナウイルスの最初の報道は、 2019年12月31日13時41分が最初 ということは、 爆発が原因で流出したのではありません。 その後、「中国ウイルス説」を唱えるトランプ前大統領がエコヘルス・アライアンスへの連邦助成金を打ち切ると、ダスザック氏はメデイアに「陰謀論者たちの犠牲者」として祭り上げられた。

武漢ウイルス研究所は米国の助成金を使った? 流出説の高まりで窮地に陥る2人の米国人

今回のイェンリーモン博士の暴露が真実なら、陰謀論を裏付ける証拠になるでしょう。 プロジェクトの再開にあたり、担当する研究者は、 研究のリスクが妥当なものかどうか専門家パネルから承認を得なければならない、とされました。 同研究所は生物学に関する専門知識が豊富なことで知られ、新型コロナウイルスのゲノム解析などを行い、2020年5月に報告書を作成していた。

7

武漢のウイルス研究所石正麗研究員が亡命?1000もの極秘書類持参か

Sponsored Link. そして第2に、ラウアー副所長はeメールの中で、この助成金が武漢ウイルス研究所への資金提供に関連しているため停止されるとEcoHealth Allianceに伝えていることである。 実験室の中で、 人工的なパンデミックの誕生を試みたということになります。 ファウチ氏は1984年から同所長を務め、現在も新型コロナウイルス対策の陣頭指揮をとっている。

12

国防総省の「大量破壊兵器」研究予算が武漢ウイルス研究所に流れていた可能性が浮上|連邦議員が調査を開始

かねてから武漢研究所は危険性が指摘されており、類似したウイルスを研究していたのが判明しているためです。

2

オバマ政権下における武漢ウイルス研究所へ資金援助が発覚・ファウチ所長へ疑惑の目│YUUKOU's 経験値

デイリー新潮取材班編集• そこで、ファウチ所長が中心となり、中国の 武漢ウイルス研究所と協力関係を構築し、先ほど述べた 機能獲得研究を 武漢ウイルス研究所にアウトソーシングすることになりました。

6