アビギャ。 【未来予測】アビギャ君 最新予言 2021年11月にコロナは収束する!?

パンデミックを予言した天才少年、アビギャ・アナンド君の経歴や収入は?

(インド英語あるある。 そして、実際のCOVID19の感染者数は、公的な推計の6〜24倍多いですので、場合によっては、3. 2つのシナリオが予測されます。

3

やはり秋から第三次?大惨事? 『アビギャ・アナンド君』『2020年12月20日』『9月と11月』『食糧危機』

この特殊な状況は、私が思うに、とても多くの人々が死につつある理由です。 私が何も考えず流されて生きていた頃から、多くの方が大地を守る活動に賛同し、支え続けていたことを知りました。

コロナ的中の14歳アナンド少年が“今後の予言”公開! 来年3月・11月、戦争、経済崩壊… 絶望の時代を生き抜く「7つの方法」も!

現在の方法は間違っていて、私たちは、ワクチンを必要としていません。

【未来予測】アビギャ君 最新予言 2021年11月にコロナは収束する!?

多くの研究計画を探索すると、その中には、ある一つの計画があります、さもなければ、このワクチンがこんなにプッシュされるわけがありません。 ・大事なのはあらゆる病気に対処できるようになること。 続きがある!アビギャ・アナンド少年の今後の予言 予言はこれまでのコロナ騒動についてだけではありません。

11

インドの少年・アビギャ・アナンドがパンデミック予言?!何者?半端ない的中内容と準備すべき事まとめ!

笑) サンスクリット語だけじゃなく、直訳だとインド文化・・・特にヴェーダに馴染みのない人たちには説明不足のところがあると思ったので、少し表現を変えて補足しています。 全世界は、今、ただ、ワクチンはあるのかないのかだけを、探し求めています。 1月23日の予言で重要なことこれは何かと言うと、 2021年11月にコロナが収束して、その後は2022年以降にかけて、穏やかに回復していくということだ、というふうに覚えてください。

13

アビィギャ・アナンド君の2020年から2021年にかけての予言の動画のパート2がアップされました。 | 未来予測の部屋

人からいただいたお弁当などに入っているときは何でもありがたく食べます。 先人から代々伝わる習慣や食生活は大切にしたいと思います。 石井貴士はどちらなのかと言うと、どちらというわけではなくて両方の可能性を考えていくべきだと思います。

【神童の予言】2020年12月20日から新種のウィルスが多数出現する!2020年5月末までの状況が預言内容と一致しているだけに不気味です(※心が弱い方は閲覧注意です、ショックを受けるかもです) | 地球人類の光と闇

鶏はずっと金網の上で不安定に立って産卵だけさせられるのです。 確かに 12月20日、ドンピシャその日に変異種が現れました。 現在14歳です。

【未来予測】アビギャ君 最新予言 2021年11月にコロナは収束する!?

つまり、あなたも私もこのウィルスを持つ可能性はあるのです。 1%に過ぎません。 しかし、このライ病患者はなりすましの方だったそうです。

4

やはり秋から第三次?大惨事? 『アビギャ・アナンド君』『2020年12月20日』『9月と11月』『食糧危機』

どうしても食べたいときは鶏肉にしなさいと。 2%だったのです。 そこで彼は、次のように述べているようです。

11