塩沢 とき。 塩沢ときの写真、名言、年表、子孫を徹底紹介

塩沢ときの生い立ちから現在まで

(1972年、TBS)• (平成16年)、76歳。 (1956年、東宝)• (1992年、THK)• 土曜ワイド劇場 (1984年)• 1985年(昭和60年)、57歳。 大学のお姐ちゃん(1959年、東宝) - 本名から「塩沢とき」に改名。

15

塩沢ときとは

(1967年、東宝)• (1985年、松竹)• 月曜ドラマランド (1985年)• その後はマイペースにドラマ、映画、舞台、などの仕事をこなしていく。 (1975年、東宝)• 2007年(平成19年)5月17日、スキルス性胃癌の為東京都目黒区の病院で死去。 (1975年、東宝)• (1983年、NHK)• ミズ(1984年)• 鶴は千年、亀は万年(1991年、YTV)• (1971年、東宝)• (1956年、東宝)• (1963年、東宝)• 今回の発表を受け、古参の芸能記者は「塩沢ときさんを思い出します」という。

1

『怪獣大戦争』/1965年 日本・アメリカ合作

(1986年、東映)• 女優として端役をこなしていた塩沢ときさんは、昭和59年から60年ごろには、休日もないほど忙しい生活をおくる超売れっ子になっていました。 遠山の金さん(1991年、新歌舞伎座)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• 私生活 がんと闘病 30歳のときの舌がん手術、57歳のときの右胸の乳がん手術をしている。 若くして舌癌になっても、その後、女優だけでなくトーク番組の常連としても活躍なさった。

14

塩沢とき…舌癌や乳癌と戦い続けた日々

生活は質素で、生涯借家住まいで独身だった。

13

塩沢ときとは

自分で作ってきて「さあ、どうだ」と見せてくれたんだけど、あの奇天烈なファッションが話題を呼んで、番組が当たるきっかけを作ってくれた。 左胸の摘出後に塩沢は、 自分の身体に敏感な性格が、いい結果につながった と振り返り、両胸とも全摘出となった結果にも、 こうやって元気に生きて、(舞台で)大きな声を出せる。 塩沢はこのとき左胸を全摘出している。

4

塩沢とき

大夜逃(1995年、東宝) 舞台 [ ]• その後、『』などではお金持ちの奥様役やの上司夫人役を多く演じる。

12

塩沢ときの生い立ちから現在まで

のちに『』に出演した際、視聴者からの『彼の精液がどうしても飲めないんです』という相談に対して、『私なんか(今迄に)一ぐらい飲みましたわよ』と発言したこともあった。

12