ブンデスリーガ。 ファンを引き付けるフットボール以外の魅力…ブンデスリーガ熱狂の理由とは

ブンデスリーガ 順位表

ドイツのブンデスリーガは、の、の、の、のとともにの五大プロサッカーリーグを形成している。 こうして、7万5000人収容の「陸上競技場」は5万7000人収容のフットボール専用スタジアムに生まれ変わった。 海外サッカー [5月28日 22:53]• ブンデスリーガは世界的スター選手が少なく地味な感じは否めないが、逆に国内人気は高く、平均観客動員数は他リーグを引き離し優に4万人を超える。

16

日本とドイツのサッカーはこんなに違う! ブンデスリーガの試合を見てきた:松田雅央の時事日想(1/3 ページ)

海外サッカー フェルナンドトーレス氏「復帰宣言」はジョーク 地… []• (1回)• (1回)• 2部:• (1回)• プレミア [5月22日 10:37]• (1回)• 今シーズン、1部リーグで陸上トラックつきの「競技場」を使用しているのはニュルンベルクだけだ。 これらは基本的にすべて事実だが、そこにはもう一つ、忘れられがちだが重要な要素が残されている。 2010年頃からは、や、の活躍もあり多くの日本人選手がドイツでプレーする機会が増えた。

10

ブンデスリーガ日本人の市場価格トップ10。ドイツ人アナリストがガチ評価|海外サッカー|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

18付• 努力の結果は数字に表れている。 しかし資金力の差などから旧東ドイツに本拠地を置くクラブは下部リーグに所属する事が多く、現在においてもブンデスリーガ1部には旧西ドイツ地域のクラブが多く所属する。 だが、フットボールを取り巻く環境が大きく変化していた時期には、過去を捨てる必要があった。

サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

2007-08シーズンまでのレギオナルリーガ(3部)は南北2リーグであったが、2008-09シーズン以降の新たなレギオナルリーガ(4部)は3リーグ構成となった。

日程・結果

ピッチで行われるフットボールの魅力だけが、ファンをスタジアムへ向かわせるわけではないのだ。 FCケルン () 1860 :24得点 1965-66 ボルシア・ドルトムント () () ドルトムント :31得点 1966-67 1860ミュンヘン ボルシア・ドルトムント ドルトムント バイエルン :28得点 1967-68 ヴェルダー・ブレーメン ボルシア・ノインキルヒェン () ケルン :27得点 1968-69 バイエルン・ミュンヘン ボルシア・メンヒェングラートバッハ 1. FCケルン シャルケ04 シュトゥットガルト :19得点 バイエルン・ミュンヘン 1. シーズンは、冬季の積雪期間(12月中旬-1月中旬)の休止期間をはさんで、8月-12月に前半戦、1月-5月を後半戦とした2回総当りで構成している。

18

日本とドイツのサッカーはこんなに違う! ブンデスリーガの試合を見てきた:松田雅央の時事日想(1/3 ページ)

(5回)• プレミア [5月22日 16:08]• そう、各地に誕生した新しいスタジアムだ。 関連項目 [ ]• 74年W杯では、このスタジアムが西ドイツの決勝進出を決めた伝説の一戦、大雨の中で1-0とポーランドを破った「ヴァッサーシュラハト」(水掛け合戦)の舞台となったことを踏まえると、ピッチに屋根がついたのは象徴的だ。

ブンデスリーガ日本人の市場価格トップ10。ドイツ人アナリストがガチ評価|海外サッカー|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

セリエA [5月20日 8:52]• その結果、何が起こったのか。

14